新入社員研修は手法に応じて特徴がありますーその3選

新人を同じ宿舎に宿泊させて行う合宿研修

最も一般的に行う手法は全員を合宿させて行う研修です。期間は二泊三日から、長いものでは三か月間行うものもあります。効果的なのは一週間が適しており、社会人の心構え、身だしなみ、ビジネスマンの一日などの他に、会社の組織や就業にかかわる内容を盛り込むことができます。そうして、合宿研修の最大の良さは同じ新人同士のコミュニケーションが取れることにあります。悩みごとが生じた時に、相談に乗れる仲間が出来ることが心強いのです。

新入社員研修を入社前から通信教育でおこないます

新入社員研修を入社前に通信教育で行うこともあります。この研修のやり方は、二つの意味があります。一つは、入社日までに他社に心変わりをさせないために行います。企業は内定を出して、誓約書も取りますが所詮は紙切れでしかないからです。二つ目には、実践的な教育カリキュラムを組んで指定する施設や店舗を視察してもらうものです。それぞれの住まいに応じて、近くの施設になるため、視察先は個別になります。そうして、報告書としてまとめてもらいます。

新入社員研修を通学させて行う研修

新入社員研修を個別に行う会社もあります。これは、入社後の配属を考えて外部の研修カリキュラムに参加させるものです。研修の内容によって日数は変わりますが、基本的に通学となります。例えば、入社後にパソコン操作でも映像やデザインなど、特殊な分野の技能をマスターさせるために通わせるものです。当然通勤費や通学にかかる費用は、あらかじめ会社の方で負担しております。少数精鋭の企業では、採用者別にカリキュラムを選定して送り込みます。

新人だけでなく全ての社員に対して教育する事を社員研修と呼び、実践的な研修から精神論的な研修まで様々な種類があります。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.