初心者向け!パソコン選びでチェックしたいポイント3つ

Windowsのパソコンを選ぶのが無難

パソコンを動かす基本システムをOSと呼びますが、販売されているほとんどのパソコンはマイクロソフトのWindowsが使われています。初心者がパソコンを買うなら、Windowsのものを選ぶのがおすすめです。利用者が多いので、参考書がたくさん流通しているからです。アップルが販売するパソコンはデザインの良さで人気がありますが、初心者にはあまりおすすめしません。疑問点や問題点を自分で積極的に勉強する意思があるなら挑戦するのもいいでしょう。

メモリは4GB搭載の機種を選ぼう

パソコンを構成する部品はいろいろありますが、そのなかでも重要なのがメモリです。これはプログラムの処理に使う作業用の机のような部品です。メモリの搭載量が少ないと、プログラムの処理(動作)に余計な時間がかかることもあります。できれば、メモリが4GB以上搭載されている機種を選びましょう。安い機種では2GBのものもあり、あまりおすすめしません。部品を追加(交換)するとメモリを増やせる機種もありますが、初心者向けの作業ではありません。有料でメモリを増やす作業を請け負う店もあります。

CPUはどれでもOKです

パソコンを構成する部品にはCPUというものもあります。これは人間の脳に相当するもので、メモリと並んで重要な部品です。しかし、初歩的なパソコンの使い方であれば、CPUはあまり注意して選ぶ必要はありません。店頭に並んでいる品物であればどれでも十分な性能を持っているからです。インターネットでホームページを見たり、簡単な文書を作ったり、年賀状を印刷する程度の使い方ならまったく問題ありません。パソコンで動画の編集などをしたい場合は、高性能なCPUの機種を選んでください。

パソコンとはパーソナルコンピューターの略語です。個人が接続できるノートやタブレット型のコンピュータを指します。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.